ようこそ! 阪神オート@ボッシュカーサービス 2019/11/15 21:55 JST

雨水漏れ(雨水浸入)修理 2題

最近おこなった水漏れ(雨水浸入)の修理を2つほどご紹介します。

一つは日産プリメーラ、運転席の足元が水浸しになる。
もう一つはランドローバー・フリーランダーのトランクルームの中がプールになる^^ というものです。

まずはプリメーラーから。

これは運転席とその後ろの席のカーペットがぐっしょりと濡れてしまって、フロアマットがほとんど水に浸かってしまうような状況でした。

雨水浸入の修理は、原因をふさぐのが基本で、それ以外の方法はありません。

これが大変です。まずカーペットをめくります、これは思いっきり水を含んでいるので、同時にしっかりと乾かしておきます。

同時に内張りや、下手をするとダッシュまで外すことになる可能性もあるんですが、やるならばとことんっていう感じになります。

プリメーラのシート、カーペットと一部内張りを外した写真です。

 水漏れ修理 水浸入修理 プリメーラ

 これだけ外して、後はどこから水が浸入するのか、実際に水をかけて点検します。

今回はダッシュまで外さなくても水漏れ箇所が判明したため、一安心。

水漏れ箇所はメーターの裏あたりで、左の角付近です。
ちょうどピラーとボディーとがつながっている付近でした。

写真はしたから覗き上げたところです。

水漏れ修理 雨水浸入修理 プリメーラ

配線の左のところに鉄板と鉄板の張り合わせの部分に塗るシール剤がクリーム色に写っていますが、この一部から水が染み出してきていました。

量的には、本当に微々たるものですが、雨の中で放置すれば、間違いなく大浸水となります。

修理にはこの部分へさらにシール剤を塗布するのと、合わせて、外の水が浸入しそうな部分にもシール剤を塗りました。

ただし、これがまた大変、フェンダーを外してカウルトップを外して、、フェンダーを外すのに、ヘッドランプやバンパーまでも。

プリメーラーの雨水浸入修理

この状態からさらに水をかけて、入ってくるところを絞り込みます。

最終的にシール剤を塗った箇所はピラーの付け根付近でした。

プリメーラーの雨水浸入 雨水漏れ修理


 

次にご紹介するのはランドローバー・フリーランダーのトランクへの雨水浸入です。

この車は、リヤゲートにタイヤの付いているいわゆるオフロード4駆なのですが、あまりオフロード、オフロードしている車ではありません。

リヤゲートの扉も横開きのタイプです。

これの修理も同様にまずはカーペットや内張りをめくって、浸入箇所を突き止めるのが一番の仕事になります。

ランドローバー フリーランダー 雨水浸入の修理 水漏れランドローバー フリーランダーの雨水浸入修理 水漏れ修理

 この車の場合はリヤゲートとボディーの隙間をシールするための、ゴム(ウエザーストリップ)とリヤゲートの間の密着が悪く、そこから雨水が浸入してきていました。

一番に思いつく修理方法として、このゴムを交換するという方法なのですが、このゴムの高いこと高いこと。

輸入車の部品の高いのにも本当に驚いてしまいますね。

結局ドアのヒンジの調整を行い、リヤゲートを開閉に差し支えない程度にボディー側に押し付けるように調整して修理完了となりました。 

ランドローバー フリーランダーの雨水浸入修理 水漏れ修理

そうそう、ヒンジの裏側のボディーパネルには10円玉サイズの穴があいていて、特段シールされているわけでもなく、ここからも水が入っていて、配線を伝わって室内へ入っていたので、こちらも一緒にシール剤で修理しておきました。

以上水漏れ(雨水浸入)修理2題でした。

 

車検、修理のことなら!
神戸市でお車の車検・修理・メンテナンスのことなら、灘区の阪神オートにおまかせください。