ようこそ! 阪神オート@ボッシュカーサービス 2020/02/21 19:26 JST

OBD2 16pinコネクターで合わない車両

平成7年式オペル・ビータが入庫してきました。

ラジエターファンモーターが止まらないという故障で、エンジンを切ってもファンが止まらないのでバッテリーが上がってしまい、JAFに引っ張られての入庫でした。

原因はファンリレーの接点固着という、時々ある故障ですが、リレーを分解して、焼け具合を確認後、新品に交換して一件落着でした。

この車両、お客様からは何も言われていなかったのですが、メーター内の「ABS」警告灯が点灯しっぱなしです。

あとでお伺いすると、以前からつきっぱなしだったけど、そのまま乗っていましたとのこと。

そうとは知らず、診断機でチェックすることにしました。

BOSCH製の診断機KTSを接続しようと接続部分を見てみると、あれあれ、OBDの16pinコネクターではなく、10pinのコネクターになっていました。

BOSCHの整備解説書「SIS」を見てみると、平成7年つまり1995年からOBD2のコネクターに変わっているけど、それまではオペルオリジナルの10pinコネクターであるとの記述が。

ここでオペルの10pinコネクター用の変換コネクターがあればいいんですが、残念ながら持ち合わせていませんでした。

っと、ここであきらめてしまうところですが、BOSCH カーサービスはそこでは終わりません。

SISにオペル10pinの内容が書かれてあり、KTS(診断機)からの配線をどこにつなげば診断できるかが記載されているのです。

今回はプラスとマイナス、それに信号である、KラインとLラインの場所を知ることが出来たので、コネクターが合わなくても診断することが出来ました。

オペル 10ピン 診断コネクター bosch

結果は左フロントのセンサー故障とでました。

でもセンサーではなくてABSユニットの内部故障でしょうね、たぶん。。

ここから先の診断は、また改めて。

車検、修理のことなら!
神戸市でお車の車検・修理・メンテナンスのことなら、灘区の阪神オートにおまかせください。
BOSCH製診断機で輸入車修理も安心です。

シフトPから抜けない車

シフトレバーが「P」から抜けないという車が入庫しました。

シフトレーバーが動かない

ホンダのエアウェイブです。
この車両はいつもお世話になっている、とある中古車販売やさんからの依頼です。

買取した車だとのことですが、動かそうと思ってもPから抜けないので、いちいちシフトロック解除を行ってから動かしているんだそうです。

おまけにホーンも鳴らない、ストップランプもつかないと言う症状でした。

ゴム水栓のチェーンで車検不合格

久しぶりに検査場で車検不合格になりました、汗

不合格の理由なんですが荷室の水抜き用ゴム水栓につながっているチェーンが外れていたから・・・・なんだそうで。笑

もちろん貨物車(今回は冷凍車)のお話です。

当社の入庫率で見ると貨物車はほんの少しだけで、冷凍車・保冷車もある企業のお客様が数台使われているだけで、他はほとんどありません。

貨物車を多く扱っている工場だったらご存じだったのかもわかりませんが、そんな理由で、私はこの「ゴム水栓のチェーン」が車検に通らなくなるほどの重要なものだとは思っても見ませんでした。

よく、お風呂のそこについているゴム水栓とか洗面台の水栓とかとまったく同じもので、冷凍車の荷室の中にも水抜き用の穴があって、その穴をふさぐのにゴムの水栓を使っています。

車検 不合格 ゴム水栓

今回車検に持ち込んだ車の、この栓のチェーンの部分が栓から外れていたため、不合格となりました。^^;

しかしこれがないとどうして車検に不合格なんでしょうね。

「栓がなくなってしまう可能性があり、不衛生だから」みたいな説明を受けたそうですが、しかし~~。

わけのわからん基準がいろいろありますね、ビックリでした。

まぁ、未だに、車検点検の中にOBDの点検がなかったり、50年前からの変わらない規格のサイドスリップがあったり(サイドスリップは輸入車の多くで例外措置が取られているんです)

ヘッドライトをハイビームで調整したり。。

いい加減見直しが必要だと思いますがね。

建築中の工場

現在、工場の拡張工事も終盤に差し掛かったようで、外壁もほぼ終わり、内部と少しの手直しが残っている感じです。

ただやはり全てが終わり稼動するのにはまだ1ヶ月ほどかかりそうです。

実は今の今まで工場の工事写真をまったく写していませんでして、後々の記録が残せずに残念なことをしてしまっています。

いまさらですが、やっと写真を撮りました。

阪神オート 工場建設

阪神オート 工場拡張

現在、建物の外側は足場が掛かっていてシートで覆われているため、外観の写真は写していませんが、内部の写真だけ写しておきました。

内部は壁・設備と、リフトや塗装がまだ終わっていません。

パンタ式のリフトを2機、ドライブオンのリフトを1基入れる予定で、既に基礎の段階から大きな穴を開けています。

工場拡張のお話

2年ほど前に現在の工場の真裏の土地を取得していたのですが、なかなか工事にかかれずだったのですが、いよいよ2月頃から工事に入ります。

(続きは全文表示からどうぞ)

実は新車も販売しています

中古車だけかと思われがちなんですが、実は当社は新車も販売しています。

事務所には新車のカタログもたくさん並べているんですよ。
そろそろ整理しないと、古いカタログまで並んでいますが^^;

仕入先はもちろんディーラーさんからです、ディーラーさんによっては紹介料という形態であったり、仕入れ販売という形態であったり、さまざまなんですが、新車を販売しても少しだけ利益があります。

ようやくブログ再開できそうです

世間では不景気不景気といわれていますが、当社ではどうしたわけか、おかけ様で今年もかなり忙しく、夏先ごろからは忙しさのあまり、ブログもろくに書けない状態でした。

今月に入りちょっとゆっくり出来そうなので、ブログも復活したいと思います。

お買い上げいただいて、掲載していないお車の紹介や、今年の夏に導入したボッシュのシステムアナライザーのお話、整備日誌のお話、いよいよ来年には工場を拡張しますので、そのお話などなど。。。

年末になってくると、また挨拶回りなんかが、出てきますんで、今のうちに出来るだけ更新したいと思います。

お楽しみ!

雨水漏れ(雨水浸入)修理 2題

最近おこなった水漏れ(雨水浸入)の修理を2つほどご紹介します。

一つは日産プリメーラ、運転席の足元が水浸しになる。
もう一つはランドローバー・フリーランダーのトランクルームの中がプールになる^^ というものです。