ようこそ! 阪神オート@ボッシュカーサービス 2020/02/21 19:27 JST

こんなものにぶつかって。。

ちょっと前に事故の修理を、お預かりした車です。

「空き地に車を止めようとバックで入っていったら、後ろをぶつけて、壊れてしまって~」という電話がありました。

早速引き取りにいき、車の損傷具合を見てみると。。。

笑ってはいけないのですが、笑いそうになりました。

あいおい損保とニッセイ同和が合弁

ちょっと前の新聞報道などで取り上げられていた、あいおい損保、ニッセイ同和損保、三井住友海上の経営統合がいよいよ、現実となってきたようです。

今までは新聞報道だけで、営業さんに直接聞いてみても、新聞以上のことはまったくわからないということだったのですが、今日あいおい損保から1枚のFAXが届きました。

オイル交換不足によるオイル漏れ

オイルの管理と水の管理、それにタイヤの空気圧、最近の車はよく出来たもので、この3つさえ守っていれば、そうそうトラブルにはなりません。

ただ、なかなかこれを守ってもらえなくて、トラブルになることがあります。

今回もよくあるエンジンオイルのメンテナンス不良によるトラブル事例です。

エンジンは動かなくなるまで完全に壊れてしまって、はじめて「こわれた~」ではなくって、そうなる前にもいろいろと壊れる症状があります。

特にエンジンオイルの交換不足から来るトラブルでは、エンジンの出力不足、異音、オイル漏れ、燃費悪化など、あまり気にならない症状でも、私たちから見ると完全にトラぶっている症状を持つ車が結構あります。

今回はその中でもオイル漏れで修理した車をご紹介します。

消防の出初式と火事と

先日、地元消防団から神戸市消防局の出初式に参加してきました。

何年も消防団に入っているのに出初式へ参加するのは、実は今年が初めてなのです^^;

というのも、今までは年初の5日におこなわれていたのですが、平日では参加する人も見学の人もなかかな来れないという事で、1月の第2日曜に行われる事になり、今年初めて参加してきました。

出初式
写真は資料写真

メーカーの広告費ってすごい額!?

2007年度のホンダの宣伝広告費は913億円で、トヨタ(1083億円)と松下電器 (パナソニック)に次ぐ国内3位だそうです。

ほぼ同じ年間販台数の日産の広告費は396億円にしかすぎず、販売1台あたりの広告コストは、トヨタが約7万円、日産は6万円を切るが、ホンダは15万円を超えるんだそうです。

元記事はこちら

元記事ではホンダのあまりにも高額な広告費について書かれているんですが、トヨタ、ニッサンも1台に付き7万円もの広告費を使っているんですね!

総額だけ数百億って聞いても、こんな単位だとちょっとぴんと来ませんが、台あたりにするとこんな金額になるんですね。

ちょっとビックリです。